デリヘルを利用した時に女性から勧められて本番をしてしまったり、つい我慢できなくなって本番をしてしまったりした経験を持つ人は多いかもしれません。

本番行為はデリヘルで固く禁止されているため、デリヘルにばれると大変なことになります。本番に関するデリヘルトラブルの典型的なケースは、それをネタにして損害賠償や慰謝料として何十万、何百万ものお金を請求されることです。

女性から勧められて本番行為をしてしまった・女性に頼んだが断られなかったので続けていいものと思って本番行為を行った、などの理由で本番行為を行った場合でも、デリヘルの請求通りの慰謝料や損害賠償金を支払う義務があるのでしょうか。

デリヘルで本番した時の慰謝料や損害賠償の支払い義務と相場

本番行為をしてしまったために50万円や100万円など高額の慰謝料や損害賠償を請求された時、支払い義務があるかどうかはケースバイケースです。
風俗嬢が本番に同意していたかどうか、合意がないのに無理やり強制しなかったかなどによっても変わってきますし、損害賠償の内容によっても変わってきます。詳しく見ていきましょう。

デリヘルへの支払い義務

デリヘルから請求されることが多いので、デリヘルを相手にしなければならないと思っている人も多いかもしれません。しかし本番をしたのは風俗嬢と利用者男性ですので、デリヘルへの支払い義務はありません。
損害賠償や慰謝料を支払う相手はデリヘルではなく、当事者である女性に対してです。

損害賠償とは実際に生じた損害に対してお金や物を渡すことで埋め合わせをするためのもの。本番行為による損害とは、風俗嬢が性器を挿入されたことによって怪我をしたり精神的にショックを受けて治療が必要になったりした際の医療費や検査費となります。

よく悪質なデリヘルが「本番が原因で嬢が仕事を辞めた。休業補償として100万円を払え」などと要求してくるケースがありますが、風俗嬢とデリヘルが経済的に一体であるといった密接な関連性でもない限り、デリヘルに対して損害賠償等の支払い義務はありません。そのため損害賠償や慰謝料の金額相場も存在しません。

風俗嬢に対する支払い義務

①合意があった

当事者である風俗嬢と利用者男性の間で本番をすることについて合意があるとき、そこには違法性はありません。したがって損害賠償や慰謝料そのものが生じませんので、支払い義務はありません。

②条件付きの合意で条件が守られなかった

「ゴムをつけるなら本番してもいいよ」というように、風俗嬢から条件を提示されることがあります。この条件は「ゴムをつける」そのものというよりも、きちんと避妊をしてくれるなら挿入に合意するという意味です。ゴムはつけたけれど破れていたような場合は、条件が達成されたとは言えません。

ゴムをつけずに挿入した・中でゴムが破れていたなど、女性が提示した条件が守られないことがあります。この場合は損害賠償が発生する可能性は否定できません。相場としては5万円〜10万円程度です。

③本番を強要した

単に合意がないだけではなく、本番をするために女性に暴力をふるった・脅迫して恐怖心を煽り行為に及んだなどといった場合は、損害賠償や慰謝料の支払い義務が生じます。金額も数百万に及ぶなど、他のケースとは比べ物にならないくらい高額です。

それどころか強姦罪(刑法177条)に該当し、警察に逮捕される可能性もある悪質な行為です。

④合意がない

このケースが最もトラブルに発展しやすく、当弁護士事務所にも多数の相談が寄せられるケースです。嬢が本番はしたくないと明確に拒否しているだけが「合意がない」ことではありません。抵抗せずに黙って性行為をさせてくれたとしても、内心では本番に合意していないことがあります。

男性側としては、女性がはっきりした言動を取らないために「合意があるもの」と認識して本番行為を行うのですが、実際には合意がないため後からデリヘルのスタッフが介入して「無理矢理されたと泣いている」「責任を取れ」などと言われます。

合意がないため損害賠償や慰謝料の支払い義務が生じる余地がありますが、相場としては5万円〜10万円程度です。本番行為が原因で女性が怪我をしたり精神的に苦痛を感じたりし、病院にかかった場合の費用や検査費用、その他精神的苦痛に対する対価がその内訳です。

ちなみに、デリヘルから「強姦罪で警察に訴えるぞ!」などと恫喝されてお金を請求されるトラブル相談も多く受けていますが、合意がないからといって全てが強姦になるわけではありません。詳しくは(リンク:)「デリヘルでの本番行為は強姦罪などの犯罪になるのか」を参照ください。

本番行為をした者の家族にもデリヘルへ損害賠償の支払い義務があるか

悪質なデリヘルは風俗嬢と結託して損害賠償や慰謝料を要求してくることがあります。脅し文句として「払わないなら家族にこのことを話すぞ」と言ってくることもあるのです。

デリヘルで女性と本番をしたこと、それによって慰謝料などを請求されているということが家族にばれたら離婚問題にも発展しかねません。しかしそれだけにとどまらず、家族にこの支払いの肩代わりを要求してさらに心理的なプレッシャーをかけてくることもあります。

もともと損害賠償の支払い義務がないケースであれば心配する必要はありません。もし損害賠償が認められるケースだとしても、本人が責任無能力でもない限りは家族に損害賠償や慰謝料の支払い義務はないので安心してください。
しかしもしも両親や妻が「支払います」と答えてしまった場合、支払い義務が生じてしまいかねません。それに両親や妻というのは、デリヘルトラブルを最も知られたくない相手のはずです。デリヘル側が家族に接触する前になんとか解決する必要があります。

悪質なデリヘルが本番の損害賠償や慰謝料の請求に使ってくる手口

善良なデリヘルは本番をしたことに対して毅然と対処はしますが、執拗にお金を要求してきたりはしません。要求してくるとしても女性の医療費や検査費用が実際に生じていて、お店がその費用を立て替えている時などちゃんとした根拠があります。

しかし、悪質なデリヘルの場合はそうではありません。悪質なデリヘルが損害賠償や慰謝料を請求するときに使ってくる手口を知っておいてください。

相手を選んでお金を要求してくる

本番トラブルを仕掛ける相手は誰でもいいわけではありません。悪質なデリヘルや風俗嬢は、よりお金を持っていそうで、家族や会社が安定していて弱みを簡単に握れそうな相手をまず選びます。
同じような手口でいろいろな人からお金を巻き上げているので、「この人からお金が搾り取れそうかそうでないか」を見分ける目も持っています。

本番を持ちかけておいて既成事実を作ってから無理やり男性がしたことにしたり、男性が本番を要求してきたことをいいことにそれをネタにして規約違反による損害賠償を求めてきたりするとき、デリヘル側としては実は「もらえたらラッキー」くらいにしか思っていません。

そこで男性が「お金さえ払えば解決できるならお金を払います」と幾らかでも金銭を渡してしまうと「もっと取れそうだな」と思われてしまうだけなのです。その場でお金を支払っても解決にはならないことがお分かりいただけると思います。

無理やり本番をしたことにさせられる

悪質なデリヘルでは、風俗嬢に本番を誘わせます。そうして男性が本番行為をしたところにつけこみます。事実は女性から誘ってきたとしても風俗嬢が「無理やりされた」と証言すれば証拠がない限りそれを否定できないので、無理やり本番をさせたと既成事実を作りあげて利用者を加害者に仕立て上げるのです。

「私は無理やり本番をしました」と書かれた念書にサインをさせられ、損害賠償や慰謝料を請求してきます。拒否すれば「強姦で警察に行く」「会社に言う」などといって脅してきます。

冷静な判断力を奪う

本番をした男性をその場で拘束し、念書にサインをさせたり損害賠償を支払うよう要求して追い込んだりというのは、悪質なデリヘルの常套手段です。男性は本番が禁止されていることを知っているので、「やってしまった」という罪悪感がありますし「何としてもばらされたくない」という焦りもあります。

そこで恫喝したり懐柔したりしながら男性を追い込み、「この場でお金を払いさえすれば解放される」と思わせて判断力を奪って行くのが手口です。できるだけ冷静を保ち、その場を切り抜けることが大切です。間違ってもお金を渡してはいけません。

デリヘル本番の損害賠償・慰謝料トラブルは弁護士を介入して早期解決を

  • 女性から誘われて本番をした
  • 女性の同意がないのに拒絶されなかったので本番をすることに同意していると思った
  • 風俗嬢から誘われて本番行為をした

デリヘルで本番トラブルに巻き込まれて当弁護士事務所に相談に来る依頼者の中でとても多いのが、このように「自分では合意があると思っていたのに合意がないと主張された」というケースです。

本番をしてしまった時点で免許証や保険証などの身分証明書のコピーを相手に取られていて身元が割れているので、損害賠償や慰謝料の支払い義務がないからといって相手方からのコンタクトを無視していればいいと考える人もいます。

実際に専門家などからそのようにアドバイスされたことがある人もいるのではないでしょうか。

確かに放置して解決するケースもありますが、ごく一部です。無視すればするほど要求がエスカレートすることもあるのです。
勤務先や自宅に知らない男が来たといって相談に来られる人も多いのが現状で、身元を押さえられている以上、心が安らぐことはありません。

デリヘルによっては規約違反をした客の免許証のコピーをお店の見える位置に貼り続けているところもあります。損害賠償や慰謝料の支払いを拒否することも必要ですが、相手が持っている自分の個人情報を守ることも必要です。

当弁護士事務所では長くデリヘルトラブルに関わってきました。「損害賠償を払わなくて済むようにしてほしい」「相手に取られた免許証のコピーを破棄させたい」といったご依頼にも数多く対応し、解決してきた実績があります。
不安で眠れない日々から解放され、元の穏やかな生活に1日も早く戻れるように、迅速かつ誠実に対応します。

相談は無料で承っています。まずはどんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。