不機嫌そうな顔で腕を組んで睨みつける風俗嬢

先日デリバリーヘルスを利用しました。いつも利用させてもらう馴染みの嬢だったので実は何度か過去にも本番をさせてもらったことがあります。その日は疲れていたこともあってか余計に盛り上がってしまい、「中に入れていい?」と風俗嬢に尋ねたところ「やだ」と言われたのですが、つい挿入してしまいました。

相手の風俗嬢は挿入した時にも特に拒んだりはしなかったので、嫌だというのは建前のことで本当は本番してよかったんだと思っていました。しかし、風俗嬢を呼んだラブホテルを出る時に待ち構えていた男性スタッフに呼び止められ「嫌がってるのに無理やりしたって本当ですか、嬢が泣きながら訴えてきたんですけど」と言われました。

本番をしたことは事実ですが、嫌がっているのに無理やりしたなんてありえません。私は強く否定しましたが、「店に帰ってきて泣いてるんだよ、いい加減にしろ!」と怒鳴られました。

とりあえず事務所に来いと背中を突かれ、事務所に連れて行かれました。風俗嬢はそこにはいませんでした。

事務所のデスクに座らされ、「これ知ってるよね?」と見せられたのは利用規約です。
利用規約には、本番は絶対に禁止、もしも規約を守らなかった場合は50万円の罰金と書かれていました。罰金の細かい金額までは覚えていませんでしたが、規約については知っていたので「はい」と答えると、次に「念書」と書かれた書面を渡されました。念書を見ると、本番を無理やり行ったこと、その責任を取って罰金を支払いますと書かれています。

しかし50万なんてとんでもありません。とても払える金額ではないので、「ちょっと待ってください、50万は払えません」と答えました。
すると男性は、「わかった。じゃあ会社に請求するわ。携帯番号からわかるから。あと、免許証のコピーも取ってあるからあんたの身元もうわかってるからこっちは。それ書かなくていいよ」と言われました。

会社にこのことがばれてしまうのはまずいと思い「会社には言わないでください」というと、「あ、そう。まあ困るよね。わかった、じゃあ家族に払ってもらうわ」と言われ事務所を追い出されました。結局念書にはサインをしていません。

もちろん家族にもこのことはばらされたくありません。しかし50万円という大金も持っておらず、どうしたらいいのかわからず不安でたまらない日々を送っています。

解決内容

このケースは、金銭の要求はあったもののそれについては承諾していないので実害はありません。しかし、「家族や職場に請求するから」と言われています。本番トラブルに巻き込まれる依頼者が揃って口にするのは「絶対に会社や家族にはばれたくない」です。
今回依頼者はお金の損害はありませんが、今後家族や会社にデリヘルとのトラブルがばれてしまうことを恐れていました。

まずは、そもそも罰金自体に支払い義務がないこと・もしも罰金ではなく違約金など名前を変えて請求してきたとしても、家族や家族には支払い義務はないことを説明して安心してもらいました。

今回はデリヘルが悪質である可能性があること、免許証などの個人情報を悪用される危険性が否定できないことから、デリヘルに対しては示談交渉をして「免許証などの個人情報の破棄」を求めました。
示談交渉においては、示談金としては一切渡す用意はないことを合わせて主張しました。

デリヘル側は、損害として、風俗嬢が病院で検査をした検査料とアフターピルの処方費用を求めてきました。今回のケースは男性側もヘルス嬢との合意がなかったことについては認識して反省していることから、この費用については依頼者男性が負担することとし、これをもって示談金に換えることで合意しました。

合わせて個人情報を破棄してもらうこと、今回の件については一切他言しないという秘密保持条項を示談書に盛り込むことができたため、その後男性に対してデリヘル及び風俗嬢からの請求・嫌がらせ等は起こっていません。