風俗嬢の妊婦がお腹を触っている

先日デリバリーヘルスを利用して、風俗嬢と本番行為を行いました。本番行為はデリヘルでは禁止されていることを知っていたのですが、周りの知人の中にも結構本番をしている人がいることや女性の中にも勧めてくる子がいることからそこまで問題にならないだろうと思っていました。

その時も女性は嫌がらなくて、「ゴムをつけてくれるならいいよ」ということだったので言われた通りに女性が用意していたゴムをつけて本番行為をしました。避妊はちゃんとできていたと思います。

サービスを受けたあとで女性が帰るとき、「絶対大丈夫だと思うけど、何かあったら連絡していい?」と言われたので「いいよ」といって携帯番号を交換しました。店には自分の個人情報は知らせていません。

それからしばらくして、女性から携帯に着信がありました。仕事中だったのであとで折り返してみると「妊娠した」と言います。あの後生理予定日が来たが生理がこなかったので検査薬で確認してみたところ、プラス判定が出たとのことです。

ちゃんと避妊をしていたし、こう言ってはなんですが他の客とも本番行為を行なっている可能性はないのか不審に思ったので、本当にあの日のことが原因なのか聞いてみました。

女性によると、「他の人とは本番行為をしてないから」「あの日以外考えられない」ということでした。ただ産むつもりはないので中絶などにかかる費用を払ってくれればいいとのことでした。費用の金額は20万円ということだったので、正直「20万円で解決できるなら」と思ってその後女性に20万円を支払いました。

女性からはその後しばらく連絡はありませんでしたが、今度はデリヘルの責任者と名乗る男性から電話がかかって来ました。デリヘルには自分の連絡先を伝えていないはずです。
男性は、私が本番をしたことで女性が妊娠してしまい、そのせいで仕事を休まれて困っていると言われました。検査や中絶にも費用がかかるので、損害賠償として200万円を請求したいと言ってきました。

私はすでに中絶にかかる費用としては20万円を女性に支払っていること、今回の件は女性と自分との間で解決したいと思っていることを伝えたのですが、男性は「うちの規約違反の責任も取ってもらわないと困る」と言います。
確かに規約に違反したことは事実ですが、だからといって200万円を支払わなければならないのは納得がいきません。そう伝えましたが、「じゃあとりあえず会って話し合いましょう」と事務所に来るように言われました。

こういったトラブルに遭遇した人の話をネットなどで調べてみましたが、事務所に行くと怒鳴られたり監禁のようなことをされたりして怖くて相手のいうことを全部聞いてしまったというような話がたくさん書かれてあったので、相手に会う前に専門家に相談した方がいいのではと思って相談しました。

女性に支払った20万円で今回のことを終わりにしたいと思っています。また、電話番号をデリヘルに知られていますが今後電話をかけてこないようにしてもらいたいのですが。

解決内容

今回のケースでは、女性に対して中絶費用として20万円を支払った後にデリヘルから200万円の損害賠償を請求されています。デリヘル側の言い分としては、規約違反に関する損害賠償とのことですが、損害賠償であれば実際に出ている損害について金額を計算して相手方に請求するというのが基本的な考え方です。

デリヘル側の主張としては中絶費用や検査費用、女性が休業している分の休業補償ということでしたが、まずは本当に損害が生じているのかを確認するためにも女性が妊娠しているかどうかの事実確認は重要でした。妊娠が虚偽の場合、デリヘルと女性が結託して妊娠中絶詐欺を行なっている可能性があるからです。

また相談者の希望としては20万円をもって今回のデリヘルトラブルは解決して欲しいということだったので、デリヘル側には示談金なしの示談交渉を行うことにしました。まずは女性が本当に妊娠しているのか、休業の事実は本当なのかについて慎重に調査を行なったところ、女性が妊娠している事実はなく、今回のケースは妊娠中絶詐欺の疑いが高いと判断しました。

弁護士が介入したことでデリヘルが示談交渉に応じる姿勢を取ったため、相談者が事務所に行く代わりに弁護士が代理人としてデリヘルと交渉しました。妊娠の事実が疑わしいこと・損害賠償についても法的根拠がないことを伝え、示談金なしで示談を交わすことができました。

デリヘルが相談者の電話番号を知っていたという件についてですが、電話番号やその他の個人情報についても破棄することで合意しました。最後に示談書を交わして今回の件は終了しました。