指を突きつけて恫喝する風俗店の店員

先日、ビジネスホテルでデリヘルを利用しました。その際に風俗嬢から「1万円上乗せすれば本番してもいいよ」と言われました。

デリヘルは何度か利用したことがあり、規約で本番行為が禁止になっていることはわかっています。しかし、風俗嬢の中には本番行為を黙認している女性や今回のように自分から勧めてくる女性もいることを知っていたので、この話に乗って1万円を女性に支払いました。

そのままサービスを受け、その日は何事もなく終わりました。女性が帰るときに「また指名して」と言われたので携帯電話の番号を交換して別れています。

後日女性から連絡があり、「本番行為の後に陰部から出血したので病院に行った。治療費を支払って欲しい」と連絡がありました。

金額もそう高くなかったため、了承してお金を振り込みましたが、後日知らない番号から携帯に着信が入っているのに気がつき出てみると、出張の際に利用したデリヘルのスタッフと名乗る男性です。

「スタッフの女性から本番行為を行なったと聞いている。本番行為は規約違反だが知っててやったのか」と強い口調で聞かれました。

女性が病院に行って治療してもらっていることもあって、しらばっくれてもダメだろうと観念し「本当です」と認めたところ、「とりあえず詳しくは店で話しましょう。店に来てください」と言われました。

店に行くことは断りたかったのですが、なんと言ったらいいかわからず黙っていると「こっちは携帯番号から本名とか住所とかわかるんですよ。来なかったら自宅に行きますよ」と言われてしまったので、仕方がないと諦めて店に向かいました。

事務所には男性が2人座っていて、囲まれるように座らされ「この間の本番行為のせいで女性が怪我をした。今仕事も休んでる。どうしてくれるんだ」と責められました。

もともと持ちかけて来たのは女性の方であることから、納得がいかずに反論しようとしましたが怖くてできませんでした。

男性の一人が書類を持って来て「とりあえずこれにサインして。あと免許証もってるやろ。出して」と言われました。書類には念書と書かれてあり、「私は本番行為を強要しました」「罰金として100万円を払います」という内容のことが書かれていました。控えはもらっていないので正確な文言は覚えていません。

さすがにこの書類にサインをするのは怖かったので、「私は本番を強要していません」と男性に訴えましたが「うちのスタッフはあんたに強要されたって言ってる」と全く取り合ってくれません。

「本番強要したら強姦罪になる。警察行くか、金払うかどっちにする?」と詰め寄られ、血の気が引きました。「罰金を払うなら大目に見る。免許証のコピーは今後また同じようなことをされたときに困るから、規約違反した人からは全員もらう決まりになってるから仕方がない。こんなことで人生を棒にふるのは嫌でしょ?さっさと解決した方が楽だよ」と男性から穏やかに言われました。

強姦罪で逮捕されることを考えたら確かにお金で解決できた方がましだと考え、仕方なく書類にサインをして免許証も手渡しました。その場ではお金がなかったため、手持ちの10万円だけ支払って残りの90万円については後日振込すると約束して一旦解放してもらえましたが、正直90万円ものお金を用意することはできません。

それに、本番を強要したという事実も嘘なので、なんとか念書を取り消して今回のことを解決したいです。

解決内容

今回のケースでは、女性から本番行為をもちかけているにもかかわらず蓋を開けてみると男性側から強要したことにされており、念書にもサインをさせられてしまっています。

実害も、女性に支払った治療費とお店でデリヘルに支払った10万円の被害が出ていますが、男性の希望としてはとにかくこれ以上お金を払いたくないとのことでした。

まずは念書について効力を取り消し、改めて示談交渉を行うことを提案しました。デリヘル側は罰金として100万円を要求して来ていますが、罰金については支払い義務はないためこのことも合わせて主張し、すでに罰金として支払った10万円についても不当利得として返還を主張することとしました。

まず相談者がデリヘルの男性から言われた「強姦罪になる」「警察に行くか金を払うか」という発言に恐怖を感じて念書にサインをしているので、これは刑法上の恐喝罪(刑法249条)にあたる可能性が高いことをデリヘル側に伝えました。

同様に、自由意志があって念書にサインをしたとは言えないため、民法96条の強迫による意思表示であることを根拠に念書の効力を取り消すことを主張し、罰金についても支払い義務がないので不当利得として10万円の返還請求を行いました(民法703条)。

弁護士が間に入ったことにより相手の態度も軟化し、直接会って示談交渉の機会も取り付けることができました。しかし、すでに支払っている10万円については返還に難色を示されてしまい、「規約に違反されてこちらも迷惑している。女性も実際に怪我を負っていて、損害が出ていることは事実だ」と主張されました。

そのことを相談者に報告したところ「誘われて本番行為をしたとは言えこちらにも落ち度がある。10万円については勉強料と思って諦めます。それよりも早く解決してすっきりしたいです」という返答でした。そのため10万円の不当利得返還請求については取り下げました。

示談書には清算条項や守秘義務の条項など相談者の希望に沿った内容の事項を明記し、示談金は無しということで示談をまとめることに成功しました。今後この件でデリヘルから何らかの連絡や要求が来ることはありませんでした。