ソープランドやファッションヘルス、ホテルヘルス(ホテヘル)、デリバリーヘルス(デリヘル)等の風俗店で本番トラブルとなりお困りの方は弁護士にご相談下さい。

デリヘル本番トラブルの基礎知識

デリヘル本番の罰金請求に対して支払を拒否できるか【弁護士が解説】

合意のあるなしに関わらず、デリヘルでの本番行為は違法です。デリヘルでは規約にそのことを明文化し、「規約に違反し …

デリヘル本番の示談金相場と書面を交わす時の7つの注意点

デリヘルで思わず本番行為をしてしまい、デリヘルや女性から多額の慰謝料や損害賠償金を要求されている…こんなトラブ …

デリヘルで本番をして恐喝・脅迫された時の対処法【弁護士が解説】

デリヘルの本番トラブルで多いのが、理由をつけて高額の金銭を要求してくることです。悪質な店舗では風俗嬢に本番を誘 …

デリヘルの本番の損害賠償金は店に支払わなくて良い【弁護士が解説】

デリヘルを利用した時に女性から勧められて本番をしてしまったり、つい我慢できなくなって本番をしてしまったりした経 …

いつも本番OKのデリヘル嬢だったのに突然降りかかる罰金請求【相談解決事例】

先日デリバリーヘルスを利用しました。いつも利用させてもらう馴染みの嬢だったので実は何度か過去にも本番をさせても …

デリヘルの本番トラブル

  • 風俗嬢から勧められて本番をしたらお店にばれ、50万、100万の罰金を請求された
  • デリヘルに免許証のコピーを取られ、「このことを家族にばらすぞ」などと脅されている
  • 本番をしていないのにやったことにされ、罰金を払わなければ強姦罪で訴えると言われている
  • 本番をした後で女性から「妊娠したから中絶費用や休業補償を払え」と言われているが、自分が妊娠させたかどうかすら定かではない
  • デリヘルと示談交渉をして本番のトラブルは解決したはずなのに、風俗嬢から損害賠償を請求されている

これらは、デリヘルで本番をしたことによって引き起こされるトラブルの一例です。当弁護士事務所にも実際にこのような相談が多数寄せられています。

しかし、相手が善良なデリヘルであればこのようなことにはなりません。

デリヘルの中には暴力団などの組織と繋がっている店があります。このような店を利用すると、高い確率で恐喝や脅迫がらみのトラブルに巻き込まれてしまいます。

店の利用規約を破って本番したことをネタに延々とゆすられる・とても払えないようなお金を損害賠償などの名目で要求される…そういった被害を受けて当弁護士事務所に相談される方が後を絶ちません。

デリヘルにおける本番トラブルの厄介な点は、利用者もまた犯罪かそれに近い行為をしてしまっているため、警察に行くのを躊躇してしまうことにあります。

デリヘルで本番をすることは売春防止法に違反する犯罪行為です。合意があったつもりでも、風俗嬢が手のひらを返して「この人に無理矢理されました」と警察で証言したら強姦罪で逮捕されるのではないかと思うと怖くて警察に相談に行けません。

しかし、そのままにしておいてもデリヘルからの執拗な請求は続きます。
家族にも知られたくない。
会社にも知られてはいけない。
そうして誰にも相談できずに一人で問題を抱えたまま、「お金さえ払えば黙るかもしれない」とデリヘルにお金を払い続けるという被害に遭っている人が多いのです。

しかし、一度お金を払ってしまえば延々と請求が続いていきます。相手の弱みをチラつかせることでお金が手に入るなら安いものと言わんばかりです。

デリヘルの本番トラブルを弁護士に依頼する大きなメリット

法律と交渉のプロである

昨今、デリヘルの本番トラブルを解決するとうたう司法書士や行政書士も多くいます。彼らに依頼するメリットは費用の安さでしょう。確かに弁護士に依頼することに比べれば費用はかかりません。

しかし、行政書士は資格上相手との交渉ができません。また司法書士は140万円を超える事件については交渉ができません。

デリヘルでの本番トラブルを徹底的に解決するためには、相手方との交渉が重要です。個人情報を破棄してもらうよう交渉する・相手が請求してきた損害賠償を減額、または全額支払い拒否の主張をするなど、こちらの利益を主張しながら相手との折り合いをつけて解決に導く必要がある案件は多いのです。

また、当初は100万円の損害賠償を請求されていたところ、司法書士を代理人としてつけた後で相手方が請求額を140万円以上に増額してきた時には、司法書士はそれ以上代理人としての業務はできません。

そうすると、改めて弁護士に依頼する必要が出てきます。

司法書士から弁護士に新たに依頼するとなれば、費用が重複してかかります。トラブルの内容にもよりますが、最初から弁護士に依頼したほうが費用が安く済むケースも多いのです。

当弁護士事務所の弁護士はデリヘルトラブルに精通しています

当弁護士事務所は法律事務所が運営しています。所属する弁護士団は、長らくデリヘルトラブルの解決に尽力してまいりました。

デリヘルトラブルの中には、本番トラブルだけではなく盗撮や妊娠中絶詐欺などさまざまなものが含まれます。相手もゆすり・たかりのプロである反社会的勢力が関わっていることが多く、慎重な対応が必要となることもあります。

長年のデリヘルトラブル対応で蓄積された経験や知識は必ずやあなたのお役に立つことと確信しています。相談は無料です。お気軽に問い合わせください。

デリヘルトラブル全般について詳しく知りたい方、デリヘルでの盗撮トラブルについて詳しく知りたい方は、各専門サイトをご覧になってください。

参考①:風俗トラブル弁護士相談窓口

参考②:デリヘルで盗撮がばれた!デリヘルの盗撮トラブルに強い弁護士が解決

デリヘルでの本番トラブルを解決したい人は必ず読んで下さい

デリヘルでの本番の罰金請求に対して支払を拒否できるか【弁護士が解説】 デリヘルの本番の損害賠償金は店に支払わなくて良い【弁護士が解説】 デリヘルの本番トラブルの示談金相場と書面を交わす時の7つの注意点 デリヘルでの本番は強姦罪などの違法犯罪で逮捕されるか【弁護士が解説】 デリヘルの本番トラブルで、店や女の子に個人情報を知られた時の対策 デリヘルで本番をして恐喝・脅迫された時の対処法【弁護士が解説】

よく読まれているページ

PAGETOP